ソフトウェア制作

C-streamをベースとした映像配信ソフトの制作

当社の映像配信システムであるC-streamをベースとすることで、新規開発に比べて低価格で映像配信ソフトの制作が可能です。

上記のとおり、動画を管理する管理サイト、エンコードサーバ、動画保管サーバ、配信サーバなどにC-streamを利用することで、動画のビュアーソフトのみの開発で、動画のストリーミング配信アプリを制作することができます。

対応ソフト iphoneアプリ、Androidアプリ、WEBシステム
主な開発用途 オリジナルのE-learningソフト(システム)の開発
オリジナルの映像配信ソフト(システム)の開発
オリジナルのライブ配信ソフト(システム)の開発

配信サーバについて

C-streamをベースとした開発を実施する場合、動画配信サーバ及び動画保管サーバは当社サーバを利用することになります。

C-streamの詳細についてはこちら C-streamとは

料金について

開発料金 お問合せください
ソフトウェア保守費用(月額) お問合せください
C-stream利用料 各ページ参照

完全オリジナルアプリ制作

映像配信以外のオリジナルアプリの制作も請け負っております。

あらゆるジャンルでのスマートフォン・タブレット向けアプリの開発を低価格で提供できます。気軽にご相談ください。

制作の流れ

ソフトウェア制作の流れは以下の通りです。

要件定義
ソフトウェアの要求仕様をヒアリングさせていただきます。当社システム担当と2時間程度のお打ち合わせを想定しています。
お見積り
要求仕様のヒアリング内容をもとに、お見積りを提出させていただきます。当該お見積りをもとに、開発費の50%を着手金としてお支払いただきます。
画面設計
ソフトウェアの画面設計を実施します。画面設計の内容を確認いただき、問題がなければ次の工程に進みます。
開発
ソフトウェアの開発を実施します。開発後に当社でテストを実施し、品質を確認します。
テスト・検収
完成したソフトウェアについて、お客様にて確認テストを実施していただきます。問題がなければ検収していただき、残りの料金をお支払いただきます。

価格・納期についてのお問い合わせ

高品質WEBストリーミング配信、ライブ配信、アプリ制作、E-learningやWEBセミナー用プラットフォームからARまで様々なシーンでの配信に対応します。